保湿を考える

Posted by 運営者 on 17/05/10

スキンケアの基本はやっぱり保湿ではないでしょうか。保湿がしっかり保たれている肌なら、肌の再生もスムーズに行われ、肌のターンオーバーも乱れません。これこそハリのある健全な肌と言えるのです。しかし加齢によって肌の成分は減少していき、弾力のないシワやシミの多い加齢肌になっていきます。その場合は美容成分を肌から吸収させたり、口から摂取してケアする方法も。

しかし20代、30代の肌でも肌のターンオーバーが乱れることがあり、ニキビ肌の原因にも。何かの原因で肌の中の美容成分が減少してしまったと考えられます。加齢以外にも食生活の乱れ、過度なダイエット、生活習慣の乱れ、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れ、便秘など。このようなことからニキビになってしまうこともあります。まず原因を探して改善することが重要です。その上で、できるだけ保湿ケアをしてあげるという、ダブルで改善していくことが重要となります。

そこで食生活の乱れがないか見直し、生活リズムを整え、便秘などを改善すること。睡眠不足は代謝を低下させるので要注意です。そして女性の場合は生理不順などがあれば、医師に相談して改善することも大切です。このように自分の生活を見直した上で、保湿効果の高いスキンケア化粧品を使用するようにしましょう。

Filed under 未分類

Comments are closed.