睡眠とストレスの関係

Posted by 運営者 on 17/05/11

保湿はニキビ肌の予防に重要なことですが、睡眠とストレスの関係も深いと言われています。まず保湿が正常に保たれている肌は質の良い肌と言えますが、そんな肌の細胞は定期的なメカニズムによって肌細胞の修復、再生が行われています。つまり健康な肌には肌細胞の代謝がとても重要になるのです。私たちの細胞が一番しっかり代謝するタイミングは睡眠時。それも質の良い深い睡眠のときに行われます。そのため十分な睡眠と質の高い睡眠が重要なのです。不眠、寝不足などは要注意ということになります。

次に正常な代謝にはホルモンのバランスや、自律神経のバランスがとても重要です。代謝のタイミングと同じ寝ている時にホルモン分泌も盛んに行われることから、やはり睡眠はとても重要となります。そしてストレスなども自律神経のバランスを崩すことになります。脳内の自律神経のバランスをコントロールする部分と、ホルモンバランスをコントロールする部分は背中合わせ。

そのためどちらも影響を与え合ってしまう関係にあります。ストレスによって自律神経のバランスが乱れることで、ホルモンバランスも乱れてしまい、より肌の代謝を低下させることにもつながるのです。つまりストレスも肌荒れやニキビの原因になるということになります。そのためストレス解消のために、好きな趣味の時間を増やすこともおすすめです。またお風呂にゆっくり入ったり、アロマやハーブの力を借りることも。肌荒れ改善やニキビ予防は単にスキンケアだけに注目するのではなく、もっと基本的なところにも関係があることも知っておきましょう。

Filed under 未分類

Comments are closed.