睡眠とストレスの関係

保湿はニキビ肌の予防に重要なことですが、睡眠とストレスの関係も深いと言われています。まず保湿が正常に保たれている肌は質の良い肌と言えますが、そんな肌の細胞は定期的なメカニズムによって肌細胞の修復、再生が行われています。つまり健康な肌には肌細胞の代謝がとても重要になるのです。私たちの細胞が一番しっかり代謝するタイミングは睡眠時。それも質の良い深い睡眠のときに行われます。そのため十分な睡眠と質の高い睡眠が重要なのです。不眠、寝不足などは要注意ということになります。

次に正常な代謝にはホルモンのバランスや、自律神経のバランスがとても重要です。代謝のタイミングと同じ寝ている時にホルモン分泌も盛んに行われることから、やはり睡眠はとても重要となります。そしてストレスなども自律神経のバランスを崩すことになります。脳内の自律神経のバランスをコントロールする部分と、ホルモンバランスをコントロールする部分は背中合わせ。

そのためどちらも影響を与え合ってしまう関係にあります。ストレスによって自律神経のバランスが乱れることで、ホルモンバランスも乱れてしまい、より肌の代謝を低下させることにもつながるのです。つまりストレスも肌荒れやニキビの原因になるということになります。そのためストレス解消のために、好きな趣味の時間を増やすこともおすすめです。またお風呂にゆっくり入ったり、アロマやハーブの力を借りることも。肌荒れ改善やニキビ予防は単にスキンケアだけに注目するのではなく、もっと基本的なところにも関係があることも知っておきましょう。

保湿を考える

スキンケアの基本はやっぱり保湿ではないでしょうか。保湿がしっかり保たれている肌なら、肌の再生もスムーズに行われ、肌のターンオーバーも乱れません。これこそハリのある健全な肌と言えるのです。しかし加齢によって肌の成分は減少していき、弾力のないシワやシミの多い加齢肌になっていきます。その場合は美容成分を肌から吸収させたり、口から摂取してケアする方法も。

しかし20代、30代の肌でも肌のターンオーバーが乱れることがあり、ニキビ肌の原因にも。何かの原因で肌の中の美容成分が減少してしまったと考えられます。加齢以外にも食生活の乱れ、過度なダイエット、生活習慣の乱れ、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れ、便秘など。このようなことからニキビになってしまうこともあります。まず原因を探して改善することが重要です。その上で、できるだけ保湿ケアをしてあげるという、ダブルで改善していくことが重要となります。

そこで食生活の乱れがないか見直し、生活リズムを整え、便秘などを改善すること。睡眠不足は代謝を低下させるので要注意です。そして女性の場合は生理不順などがあれば、医師に相談して改善することも大切です。このように自分の生活を見直した上で、保湿効果の高いスキンケア化粧品を使用するようにしましょう。

スキンケアとニキビ

スキンケアとニキビには深い関係があります。思春期ニキビの場合、ホルモンのアンバランスによって起こるため、ほとんど皮脂過剰分泌が多く、毛穴ケアがとても重要になります。とはいっても合成界面活性剤が使われている洗顔料は毛穴の中の必要な皮脂まで取ってしまうので、ますます皮膚は皮脂を分泌してしまうことに。そのためナチュラルな洗顔料できちんとスキンケアをしましょう。

また大人ニキビの場合も原因は皮脂分泌異常が深く関係しますが、特に皮脂分泌不足ということも多くなります。そのため肌の表面がガサガサになり、肌の代謝もスムーズに行われないことに。またガサガサになった肌のカスが毛穴に詰まってしまうと、そこに適度な皮脂とカスが一つになって、ニキビ菌の住み心地の良い住処になってしまいます。温度も栄養も揃った最高の状態でニキビ菌はどんどん増殖していき、最終的には肌細胞を攻撃して中に進入。体はそんな外敵を中に入れないように熱によって対抗します。それが炎症という症状なのです。

そのため大人ニキビもスキンケアがとても重要に。もちろん思春期ニキビと同じように合成界面活性剤が含まれない、ナチュラルな質の良い洗顔料を使って清潔を守ること。そして保湿ケアも絶対に欠かせません。皮脂分泌が過剰でも不足でも、どちらも異常なのです。皮脂分泌異常を改善するには保湿ケアが重要であり、そのため保湿ケアをしっかり行うようにしなければならないのです。